HOME インタビュー

最新技術を学べて、優しく尊敬できる方々も周りにいる。この成長の“きっかけ”を掴める環境を活かしたい

インタビュー Interview

最新技術を学べて、優しく尊敬できる方々も周りにいる。この成長の“きっかけ”を掴める環境を活かしたい

ITエンジニア Eさん

#

「将来やりたいこと、自分がなりたい理想像を実現するチャンスを与えてくれる会社へ」その想いから、キヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)に転職したEさん。ミャンマーから来日し5年目、現在はITエンジニアのポジションでAWSを活用した運用・保守プロジェクトなどで活躍しています。

今回は、そんなEさんがキヤノンITSを選んだ理由や、仕事のやりがい、会社の雰囲気についてどう感じているのかなどをお聞きしました。

転職理由は、できる仕事の幅や専門性を広げたい想いと教育環境の良さ

—— まずは現在の仕事内容を教えてください。

私は2022年6月にキヤノンITSに入社しました。現在はビジネスパートナー事業部ビジネスパートナー開発本部のITエンジニア(SE)として、化粧品サービスサイトの保守運用などを手がけています。稼働中のサービスを構成しているサーバ・ミドルウェアのメンテナンスや、お客さまからの要望を受けて新機能の追加等、より良いサービスの運営に向けて改修作業を担うことが私のミッションです。

——Eさんは、ミャンマーから来日して働いています。入社までの経緯を教えてください。

2018年に来日し、SI業界のインフラエンジニアとして働いていました。 公共系・学術系などのユーザ向けのシステム構築案件や常駐運用などに携わっていました。もともと技術に興味があり、ミャンマーの大学ではITを専攻しており、技術力の高い日本でいろいろなことを学びながら成長したいと思っていました。日本語は大学を卒業してからミャンマーの日本語学校に通って勉強し、来日してからは現場の仕事などを通じて、日常生活に問題ないレベルになっています。

—— キヤノンITSに転職するきっかけとは?

前職はサーバーの構築から運用保守までインフラ周りをエンジニアとして手がけていました。約3年間にわたり同じような仕事内容だったので、クラウドサービスであるAWSなど最新のツールや技術を活用して、自分のできる仕事の幅や専門性を広げていきたいと思ったのが転職のきっかけです。

キヤノンITSを選んだ理由は2つあります。

1つ目は、ソリューション・製品の領域が広く、金融、製造、建築・建設、流通、医療、貿易など多様な業界のお客さま企業のプロジェクトに関われるため、エンジニアとしてスキルアップができそうな環境があると思ったこと。

2つ目は、社員の教育制度が充実していている点です。キヤノンITSは新しいサービス開発を積極的に行っているので、プロジェクトにキャッチアップしていくためにも研究や教育制度が充実していて、ここなら新しいことを学びながら理想的な働き方ができるのではないかと思い、入社を決めました。

#

安心もやりがいも得られる環境で

—— 入社前の印象と、実際に入社してからでギャップはありましたか?

転職前に不安に思ったことは、技術力の高さについていけるのかといったところでしたが、実際に入社してみて、チームに専門知識を持ったプロフェッショナルがたくさんいたため、わからないことがあればすぐ相談できる環境があり安心しました。すぐに調べられる研究資料が整っていることもあり、行き詰まることもありませんでしたね。

また、入社前は自分自身が外国籍であることも気になりました。チーム内でグローバル採用の社員は私だけでしたが、パートナー企業の社員では様々な外国籍の方がいらっしゃいます。上司の方々が優しくて、困った時すぐに相談することができたり、問題が発生してもチームで解決していこうという雰囲気があったり、一人ではなくチームで働いていると感じることができています。国籍の差別もなく安心して働くことができて、先輩達にも感謝しています。

—— 仕事面でのやりがいは、どんなところに感じていますか?

現在、大手化粧品会社の販売サイトの運用保守プロジェクトを担っています。今まではサーバーの運用保守の経験はありましたが、お客さまはクラウドへ切り替えを要望することも多くなっています。そのため、独学も含め最新のクラウド技術を学んだ結果、自分が改修したシステムが問題なく動いているところを見て、モノづくりに携わっていてよかったと思える瞬間を味わえたのがやりがいですね。お客さまも喜んでいると聞くとやはり嬉しいので、今後は課題解決に向けての提案の機会を増やせるよう、より信頼されるエンジニアに成長していきたいと思います。

#

尊敬できる先輩や上司がいるからこそ、学べることがある

—— キヤノンITSで一緒に働く人やカルチャーについてはどのように感じていますか?

先輩は技術力が高い方が多く、お客さまの要望を聞いて、すぐに回答や提案を出せるスキルを持っている方も多くいるので、ロールモデルが周りにいる環境は素敵だと思っています。

また、プロジェクトの進め方や資料の作り方などわからないときは相談できますし、先輩からアドバイスをいただくことも多いですね。普段から朝会やチャットなどでコミュニケーションや情報交換ができているので、雰囲気もいいですね。私自身も、尊敬できる方々のもとで学びのインプットを増やしながら業務を進めています。

その点、教育が充実しているのは、入社前の予想通り、いや想像以上に手厚いと感じます。上司の方々が個々の状況や能力を把握してくれているので、自分にあった環境で業務にあたり、学びを得られているのが、キヤノンITSに入社して良かったことです。

—— 働き方の面では、転職して変わったことはありましたか?

出社は、週1か2回くらいであとは在宅勤務が中心です。でも、若手会、勉強会、ランチミーティング等コミュニケーションが取れる場が設けられていて、一人で働いているというより、チームで働いているという気持ちになれる環境です。なので、在宅勤務でも安心して働くことができています。やはり何でも相談できるというのは心理的にメリットが大きく、問題が発生してもすぐに報告してチームで解決に向かえる体制があることを心強く感じています。

あとは、福利厚生などの待遇が充実していることも入社後に魅力を感じた点です。前職の会社では土日出勤や、深夜にまで及ぶ業務も結構な頻度でありましたが、今はそういったことはなくなりました。

転職活動の際も、このような働く環境が整備されているかを意識しましたね。今は土日はしっかり休めて、連休やサマーバケーションも取れるのでリフレッシュできています。キヤノンITSは先輩方もしっかり休みをとって旅行などに行っているので楽しそうなのが伝わってきます。私自身も、昨年は沖縄や札幌など国内旅行にいきましたが、転職してからは勉強を頑張るために控えていたので、これからはいろいろなところに行ってみたいですね。優秀な人材の確保や企業のアピールポイントとしてライフワークバランスがとても重要だと感じています。

#

自分の理想像を実現できるチャンスがある会社

—— Eさんの今後のビジョンを教えてください。

私自身は今のポジションでクラウド技術などをもっと詳しく学び、優秀なエンジニアへと成長し、ゆくゆくはプロジェクトを成功させるリーダーになりたいと思っています。そのために、より広範な領域を手がけられるよう技術習得に積極的に取組むとともに、SEとしてスキルや経験を磨いていくことが私のビジョンです。

あと、英語の読み書きはできるのですが日本語の方が得意なので、独自に英語も勉強しまた、海外企業のプロジェクトなどもいつか経験してみたいと思います。

—— 最後に、これから転職を考えられている方にメッセージがあればお願いいたします。

まず、転職は自分がやりたいことをしっかりと把握した上で会社を選ぶといいと思います。その上で、キヤノンITSは将来やりたいこと、自分がなりたい理想像を実現できるようなチャンスを与えてくれる会社なので、もっと成長したい、キャリアアップしたいという方には最適な環境だと思います。

また、自分のやりたいことがまだ曖昧で決まっていなくても実際にこの環境に入ることで、周りの人たちに刺激を受けたり、多くの選択肢の中から自分に向いている分野を選んだりすることもできるので、Canon ITS のビジョンに共感する方はぜひチャレンジしてみてください!

#